スーモカウンターを利用してみたが・・・

結婚してから15年で念願のマイホームを購入しました。これから、マイホームを買う人のためになればと思い書かせていただきます。

まず、マイホームに関して右も左もわからなかった私達は、スーモカウンターの無料相談に行くことから始めました。

スーモカウンターの無料サービスには、個別相談会といくつかの家づくり講座があります。

私たちは、まず個別相談会に申し込み、同時に家づくり講座(初心者必見!土地探しから建てるまで講座)もスマホから申込をしました。
スーモカウンター予約

申込が完了すると、マイページに登録することができます。マイページでは、希望する住宅の条件などを入力することができます。
スーモカウンター希望条件

↑イメージは言葉にしづらいものですが、写真をみて選ぶだけだと簡単でした。

スーモカウンター希望条件

↑その他の条件も選択します。

そして、ここで入力した希望イメージをもとに、いくつかのハウスメーカー、工務店を紹介してもらえます。
スーモカウンターハウスメーカー

パナホームなど、だれもが知っているハウスメーカーから、あまり名の知られていない工務店まで幅広く紹介してもらえました。

ここで紹介された工務店などはなかなか自分ではみつけることができないような隠れた名店のようなもので、本当に貴重でした。

結局のところ大手ハウスメーカーよりはこういった工務店の方が安くてよい家を提供している傾向があるようです。

個別相談会はどうだったか

実際にプロに相談して知ったのが、注文住宅には、

1.自由に設計ができる家(自由設計)
2.ちょこっとプラン変更できる家
3.変更は一切なしの家

といくつかのバリエーションがあるということ。価格は1>2>3の順に安くなります。

私達が購入したのは、2のちょこっとだけ変更可能というものです。変更内容は、間取りと浴室・物干し台です。4LDKを壁を抜いて3LDKにして広々リビングにしました。

将来、子供が増えたら壁を作るか引っ越せばいいかなという考えです。次に、主人の趣味が天体観測なので半屋根の物干し台を付けました。主人のお気に入りで、晴れた日の夜はここで望遠鏡を覗いています。費用が一番増えたのは、浴槽の変更です。

最初のサイズはW900×D700と小さ目なポリバスでした。大柄な主人がゆったりと入浴したいとの希望で、W1350×D800×H600の木製浴槽に変更しました。入浴時は、木の香りが浴室内に立ち込めて気分上々です。

ところが、木製浴槽は手入れが大変で失敗したかなと後悔しています。それ以外は満足で、スーモカウンターで相談したことがきっかけで先に進めたので、無料相談をしてみて多少はよかったです。ただ、正直何度も打ち合わせに出向くのは面倒でした。また、なぜ無料で様々な相談に乗ってくれるのかはよく考えましょう。一見すると無料ですが、実は住宅価格で100万円以上損する可能性もなくはないようです。

参考→ suumoカウンターってどうですか?

そんなこともあり、タウンライフのような提案書だけもらえるサービスの方が今は人気があるようです。

▼タウンライフ公式サイト

その他参考にしたサイト:注文住宅相談.biz