住所:新潟県新潟市中央区西堀通六番町866 NEXT21 B1階 
定休日:火曜・水曜

なかなか理想通りにはならない注文住宅

今、私たち家族は夢のマイホームとして注文住宅を建築中です。
子供も授かり家を購入しようと不動産屋巡りをしました。建売住宅ばかり見ていたのですが、ある一件の不動産屋を訪れたら、そこは注文住宅専門のところでした。
色々話を聞いていると建売住宅よりも安く注文住宅を建てることができそうだったので、せっかく家を建てるのであれば自分たちの好きなようにできる自由設計で注文住宅で家を建てようということになりました。
まずは土地探しです。自分たち希望していた地域にちょうどいい土地があり建物と合わせても予算内だったのですぐに決まりました。

ローンの審査も無事に通り、これで家を建てることができます。
そうと決まればマイホームへと夢は広がり、その日からどんな家にしたいかなど主人と話したりスマートフォンで家や間取りなどおしゃれな家の画像を集めたりしていました。
そして設計士さんとの間取りを決める打ち合わせが始まります。全部で2回しかなく2回目で本決めをしなければなりません。

1回目はある程度の理想の間取りを伝え、水回りの位置、クローゼットやシューズクロークやパントリーなど収納棚、和室の有無など聞いてもらい次回の時に設計したいくつかの間取りを持ってきてもらい選ぶということでした。
2回目の打ち合わせで3パターンの間取りを持ってきてくれましたが、どれもイマイチで結構ご年配の設計士さんだった為か理想のおしゃれな家というよりも普通にどこにでもあるような感じでした。全て思い通りにすることができないのは仕方がないけれど残念でした。

間取りが決まり申請を出し、それが通ったら内装を決めるのに入っていきます。キッチンやバス、トイレを選んだり、ドアの色、床の色を選んだりと理想の家にするのに夢が広がります。がしかし、注文住宅といううのは費用の中に標準プランが組み込まれているのでそれより良いもの違うものを選ぶとプラス費用が掛かってしまうためやりたいようにしてしまうとオーバーしてしますので、そこでも理想と現実との戦いで現実を見て諦めなければいけない部分も出てきました。
それでも夢のマイホーム、自分たちの理想に近づけようと今は外装の色やクロスの色などを決めるのに奮闘中です。
注文住宅は自由設計な分、コンセントの位置など細かいところまで決めなければなりません。大変ですが頑張った分、完成した家を長く愛せることができるのではないかと思います。

スーモカウンター 新潟NEXT21店