住所:愛知県豊田市西町1-200 とよた参合館 1階
定休日:火曜・水曜

建売住宅しか選択肢になかった

人によっては建売住宅の購入はおすすめしないと言う人もいます。もちろん建売住宅の良い所悪い所あると思います。でもそれは注文住宅でも同様に言えることです。
どちらを選んだ方が良いかは家を購入する人によって様々です。私の兄は新築の注文住宅で一戸建てを購入しました。建売はハナから選択になかったみたいで、いろんな住宅メーカーを歩き回って、いろんなところから見積もりを出してもらって、家を購入することを決めてから実際に完成するまで約2年間ほどをかかったように記憶しています。

私の場合は結婚が遅かったので、結婚する時点で住宅購入に必要な貯金ができていたこともあり、ローンを組まずにキャッシュで購入できる形を選ぼうと思っていました。奥さんも注文住宅を選ぶほど間取りや設計にこだわりを持っていなかったので、すぐにでも住める建売を選ぶことにしました。うちの場合は、家を買おうと決めてから実際に住み始めるまで2ヶ月ほどしか経っていません。
兄の家も私の家も同じ新築です。注文住宅と建売住宅という違いだけです。兄の場合はトータルで3000万円ほどかかったようです。頭金で半分の1500万までしか貯蓄が出来ていなかったので、残りの1500万を住宅ローンとして現在返済中です。
私は同じ町に住んでいますが、建売住宅だったこともありトータル2300万程で済んでいます。2500万の貯蓄があったのでキャッシュで一気に払ってしまいました。ただ住宅購入後のいろいろ税金関係が想像していたよりも多めにきたので、それの支払いにお金が足らずに妻に負担してもらったりしました。
一般的に言われる建売住宅の一番のデメリットは、間取りを自分たちの好きな形にできないということです。後は、万が一手抜き工事がどこかで行われていたとしても、手抜きの部分が分からないと言う所があります。ただうちのように、間取りにこだわりがない夫婦には関係のないことですし、仮に注文住宅でこだわりの家を建てたとしても、しばらくして欠陥が見つかることもよくあります。
そういう意味では、建売住宅のデメリットも、うちとしては大して問題ではないと考えていました。今建売に住んで3年が経過しますが、快適に暮らしています。

スーモカウンター 豊田店