住所:京都府京都市南区西九条鳥居口町1番地 イオンモールKYOTO Sakura館 3階
定休日:なし

実家の建売住宅購入経験を生かして

私が20年生活した実家は建売住宅でした。私が小学校高学年の時に購入したものです。最初は住宅展示場を見に行ったり、モデルハウスを見に行ったりしましたが金額が合わなくてローコスト住宅と建売住宅を検討し始めたと聞きました。

建売住宅を購入する前は小さな市営住宅に住んでいて兄弟がいる私ですがもちろん自分の部屋などなく友達が遊びに来るときも嫌な思いをすることが多かったです。住宅展示場もモデルハウスも建売住宅も私にとってはどれも憧れる住まいで、早く自分の部屋が欲しい大きいリビングでテレビが見たいと両親にお願いしていました。

後になって両親から聞いた話ですが、注文住宅、建売住宅とある中で建売住宅を購入することに決めた理由が、まずは注文住宅に比べて価格が1000万程安かったこととすぐに引っ越して住むことができるということでした。しかしメリットだけでなくデメリットももちろんありました。それは小学生中学生の私でもわかることでしたが設備関係が古くて近いうちにリフォームが必要だったことです。

それに東日本大震災の時に壁の亀裂と瓦が落ちたり玄関タイルが割れたりして耐震面での不安が出てきたということです。購入するときに担当の方は耐震については大丈夫と言っていたそうですが今思えば何の根拠もない言葉だったなあと思います。これは注文住宅を購入した時にも言えることかもしれませんが、どうしてもここがもう少しよかったらなと思うところが多いです。洗濯物を洗う、干すたたむの動線も良くないしキッチンが単独であるので作業効率は良いですがリビングにいる人の様子がわからなかったり洗面脱衣室も遠いので家事動線はいいものとは言えません。

間取りを変えることはできないのは建売の一つのデメリットだと思います。また、住宅購入時には予定になかった祖母が一緒に住むことになったときに増築工事の話が出て、購入した時の担当者に聞いてみましたがリフォームすることは難しいとのことで諦めました。私も結婚して家を出ることになったのでいつかマイホームが持てたらと思っていますがもし建売住宅を検討することになったら耐震面、増改築ができることを確認して購入したいと思います。

スーモカウンター イオンモールKYOTO(京都)店