住所:兵庫県神戸市中央区磯上通8-3-10 井門三宮ビル 12階
定休日:火曜・水曜

注文住宅にしたら完全に予算オーバーに

私たち夫婦は17年前に戸建て住宅を建てました。主人は土地の方角や平米数などもだいたい決めており、希望にぴったりの土地が見つかったので購入し、ハウスメーカー選びでとても悩みました。
主人の中では、「こんな感じの家を建てたい」という理想もあらかじめ決まっており、その希望を予算内で叶えてくれそうなハウスメーカーを選ぶことに集中しました。

とても悩んだのですが、予算内で希望の家を建ててくれそうなハウスメーカーが見つかり、お願いすることになったのです。
ですが、打ち合わせが進むに連れて、薄々予想はしていましたがやはり予算オーバーせざるを得ない状況になってきたのです。

私たちの希望予算は2000万でしたが、打ち合わせの初めのころは予算内で収まりそうという話だったのが、終盤のの段階になると300万ほどオーバーする感じになってしまったのです。
なぜかというと、例えば玄関ドアのタイプ(グレード)や同様に室内ドアのタイプ、また壁紙やカーテン等細かい設備・備品を選ぶ段階でカタログや見本を見ているうちに
、どうしても高いグレードのものに目が行ってしまったのです。

家を建てる時は土地に何千何百万、家に何千万…といった日常とはかけ離れた金額の契約になるので、どうしても金銭感覚がおかしくなってしまい、冷静に考えれば「玄関ドアのグレードを一つ上げるのに数十万円のプラス」というのはとても高い出費であることなのに、なぜか大した金額ではない錯覚に陥ってしまうのです。

その積み重ねで、気が付けば300万ほど予算をオーバーしてしまいました。
300万といったら主人の年収の半分ほどの金額です。すごい金額です。
それなのに、一生に一度の高い買い物だから後悔したくない、300万なんて30年ローンで割ったらたいしたことない、とその時は結論づけてしまい、そのまま話を進めてしまいました。
一生に一度の大きな買い物だからこそ冷静にならなければならないのに、完全に舞い上がってしまいました。

スーモカウンター 神戸三宮店