住所:東京都葛飾区亀有3丁目49番3号
定休日:水曜・木曜

計画が破断になった話をすこし

失敗談なのですこし愚痴っぽくなってしまいますが読んでいただければ幸いです。

結婚後長くアパート暮らしをしていた私の母親から「知り合いの工務店で安く家が建てられるから、実家の駐車場に家を建てない?」と提案されたことが、私が家を建てるきっかけになりました。

工務店の方は、感じがよく、話し方も穏やかで「最初は出来ることと出来ないことがあるけど、まずはどんな家が建てたいか?どんな家が好みかを具体化していこう。」と勧められました。それから順に現実的な建築条件と摺合せを行っていきました。
当初は順調に進んでいた話し合いは
1道路の斜線制限(隣地の通風や、採光などの確保を目的とした制限)
・希望する延べ床面積が確保できない
・そのため実家2Fに連絡通路をつくり風呂トイレは実家に建設
 2地盤調査結果から基礎の費用が拡大
などの困難ことがでてきました。
無理もありません。
親が建てろといった敷地はわずか10坪ほどの場所でした。
1年間相談に通い最終図面は1Fインナーガレージ(2台駐車うち1台は親の車両)、2Fリビングキッチン(15畳)、3F寝室(8畳)でした。1LKの住宅が3000万円という金額になっておりました。気づけば話は発注前段階で、地鎮祭を済ませてしまっていました。
 銀行員の同級生に会いに行き、ローン相談にのってもらっていると「これ実家がだめになったらまたローンを組むことになるけど大丈夫?」と言われて、お恥ずかしながら初めて気が付きました(笑)。
 結果は親と大喧嘩になってしまいましたが話を振り出しに戻しました。
終始感じがよかった工務店の方には大変申し訳ないことをしたと、何度も謝罪をしてお断りしました。

いまでも時々話題に夫婦で話題になるのは、有名な建築士先生のところに相談に行った際、建築条件などを1時間相談しただけで「うちだとこれくらいの金額になります。それでも良ければお受けいたします。」と高額な金額をはっきりおっしゃいました。
 最初は「ちょっと有名だからって…」と不服もありましたが、後々になると「はっきり言ってもらって良かった。時間が無駄にならずに済んだ」と思うようになりました。

現在は、セミオーダー形式の注文住宅を購入し家族仲良く暮らしています。
しかし家を建てる際は、一生に一度の買い物なので大変な時間と労力がいる作業だと痛感しました。愚痴っぽく長くなりましたが私の体験談を書かせていただきました。
何かの参考になれば幸いです。

スーモカウンター アリオ亀有店