住所:東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館3階
定休日:火曜、水曜

マイホーム自体は成功でも、お金の面で失敗かも…

注文住宅で一戸建てマイホームを建てました。注文住宅で建てたマイホームは、概ね成功だと思っています。けれども、「お金」の面では「失敗したかもなー」と思っている気持ちは、決して否定することはできませんね。

もちろん、マイホームを建てるにあたって予算は決めておりました。自分たちの収入、将来的な収入、そして子供たちにかかってくるであろうお金のことなども含めて、しっかりと検討してマイホームの建設費用の予算は出したつもりです。しかし現実は厳しいものですからね。

注文住宅ということで、制限がありませんから、やはり建設費用はどんどんと高くなっていってしまうのです。自分たちでもセーブはかけているつもりでしたけれど、しかし注文住宅ということで、「あそこはやっぱりこうしたい」ですとか、「んー、この住宅設備だけは譲りたくない」といった要望がどんどんと出てきてしまいますから。

「マイホームは一生に一度だけ建てられるもの」ですから、理想の家にしたいのです。そうなりますとやはり、できることならば自分たちが希望する設備を入れたくもなるのです。そして自分たちが思い描くような造作家具を作って欲しくもなるのです。

造作家具って規制の家具と比べますと、高いのですけれどね。しかし自分たちが「ここにこんな家具が欲しい!」と思うような既製品がないものですから、それならば造作家具で作ってもらいたいじゃないですか。しかし造作家具の点数が増えるとそれだけ建設費用は上がりますからね。

また、造作家具だけではなくて、住宅設備においても高くつきましたね。もう「家って住宅設備で値段が決まるんじゃないか」とも思いましたから。住宅設備の値段で建設費用って上下しますからね。それはわかっているのですが、「一生に一度」というものですからやっぱり妥協したくなかったのです。

それで結局、ほぼ理想通りのマイホームにしたのですが、しかしキツイのは建設費用です。当初の予算よりも上乗せ数百万円にてマイホームを建てていますので、当然住宅ローンの金額も上がりますよ。頭金自体も多めにしたのですが、しかしそれでも毎月の返済額に跳ね返ってきますからね。

ですから現在生活が「やや苦しい」という感じは、否定できませんね。それでもマイホームがほぼ理想通りになりましたので、成功したとは思っていますけれど。しかし金額の面では「ちょっと失敗したかなー」と思っています。もう少し妥協して費用を減らせば良かったかと…。

スーモカウンター 有楽町東京交通会館店